巻き爪・陥入爪

巻き爪・陥入爪とは

爪の特徴

巻き爪・陥入爪|名取市の名取つちやま皮ふ科巻き爪は、爪が曲がって丸くなっている状態です。

陥入爪は、爪の角が周囲の皮膚に刺さり、炎症を起こしている状態です。

陥入爪は痛みを伴う症状のほか、出血したり、膿がたまったりする場合があります。

巻き爪の方で、爪が皮膚に刺さり陥入爪となることがあります。

よって、巻き爪の治療をすることが、陥入爪の予防につながります。

巻き爪・陥入爪の原因

巻き爪や陥入爪の主な原因は、生活習慣にあることが多いです。

  • 爪切りなどによる深爪
  • 不適切な靴
    →足の形や、サイズの合っていない靴やハイヒールを履いている。

これらが要因となり、発症する場合があります。

治療と合わせて生活習慣の見直しを

ヒールをはく女性は巻き爪に要注意|名取市の名取つちやま皮ふ科

深爪に注意

爪が伸びるまでは巻き爪用テープで皮膚への食い込みを防ぎ、痛みを軽減します。

※ ドラッグストアなどで、巻き爪用のテープなども販売されています。

サイズの合った靴を履く

靴やハイヒールを履く際は、サイズにあったものを選んでください。

きつめの靴を無理に履いてしまうと、足先に負担をかけてしまい、症状が悪化してしまいます。

インソールなど活用

インソールは、足先への負担を軽減します。

靴屋さんなどで相談してみるのもおすすめです。

足湯などのケア

少し熱めのお湯に15分ほど足先を浸し、2〜3回程度実践すると緩和されます。

巻き爪・陥入爪の治療と費用

症状に合わせた最適な治療法を選択

巻き爪・陥入爪の手術|名取市で巻き爪の治療は、名取つちやま皮ふ科へ

巻き爪で、症状が軽い場合には、まずテーピングをおこない、それに加えて生活習慣の見直しなどで対応します。

巻き爪の程度が強い場合には、ワイヤーや爪クリップによる治療を行います。

陥入爪の場合も、巻き爪の治療を基本としておこない、炎症が強い場合には、抗生剤の内服やガター法をおこないます。

爪の当たっている部分の肉が盛り上がっているときは、液体窒素療法や外用薬の塗布を行います。

手術によるリスク

保存的方法で改善が見られない時や、速効性を希望するときは、陥入している爪を切除する手術を行うこともあります。

手術方法は複数ありますが、再発する可能性があるため注意が必要です。

また、手術で陥入していた部分の爪を切り取ってしまうと、長い目で見ると不具合が生じることもあります。

そのため、陥入爪の手術をする場合は、メリットとデメリットをよく考えてから行います。

治療方法について

巻き爪の治療|名取市の名取つちやま皮ふ科

巻き爪の治療方法
  • テーピング
  • ワイヤーや爪クリップなどを用いた矯正治療

があります。

陥入爪の治療法

巻き爪の治療に加えて、

  • 抗生剤や消炎鎮痛薬の内服
  • 過剰肉芽に対する液体窒素療法
  • 外用療法
  • ガター法(爪の端と皮膚の間に柔らかいチューブを入れる治療法)
  • 手術(陥入している爪を切り取る)

などを検討します。

※ワイヤーや爪クリップは自費での購入になります。(約3,000〜4,000円)

TOPへ戻る
  • 事前予約
身体のお悩みはお気軽にご相談ください。

身体のお悩みは
お気軽
ご相談ください